クラッシック・ピアノ防音室の防音工事 piano-room

Characteristicクラッシック・ピアノ防音室の防音工事の特徴

阪神防音にご依頼いただく工事でもっとも多いクラッシック・ピアノ防音室

ピアノの音量は弦楽器、木管楽器、金管楽器やロックバンド系などあらゆる楽器の中で中間ぐらいの90~100デシベルほどの音量です。したがって金管楽器やロックバンド系のような高性能な防音工事は不要です。
しかし、空気音の遮音や低音の振動による最低限の固体音対策は必要です。
壁、床、天井をしっかりと工事して最低限の浮き構造体による対策が必要で、防音ドアや防音サッシなども必要です。
また、特殊なエアコン配管工事や防音換気扇取り付け電気スイッチ、コンセント照明配線工事などが必要です。

戸建て住宅で主に昼間から夕方まで演奏される方

防音性能:戸建てDr40、マンションDr65
工事費用:6畳 170万円~
工事期間:7日~10日
工事内容:浮き遮音防音壁4面、浮き遮音防音天井、浮き床工法、防音ドア、防音サッシ、エアコン工事、電気工事、音響作り

一級建築士監修ピアノ防音室価格
1,700,000円~

戸建て住宅で夕方・夜までオールタイム演奏される方

防音性能:戸建てDr50、マンションDr75
工事費用:6畳 190万円~
工事期間:7日~14日
工事内容:浮き遮音防音壁4面、浮き遮音防音天井、浮き床工法、防音ドア、防音サッシ、エアコン工事、電気工事、音響作り

一級建築士監修ピアノ防音室価格
1,900,000円~

Difference他社との違い

阪神防音だからこそできる防音工事

弊社のピアノ室は浮構造による高音、低音対策はもちろん。
24時間対応の高性能なものから、主に昼間対応の簡易的なピアノ室まで豊富なラインアップです。
また化粧材におきましても高価な特注品から一般的なものまで品揃えも豊富で一軒毎のピアノ室は全てオーダーメイドで同じピアノ室は二つとありません。
また、大切な音響に関しましてもプロピアニスト様からピアノ講師様まで好評頂いているピアノに丁度良い音場作りを提供させて頂いております。
これらの工事で夜も対応可能な防音性能がDr50以上(50デシベル減音以上)の一般的な相場は6~8畳で280~350万円ほどですが、弊社では材料メーカーなど多方面によるご協力や弊社企業努力によりまして180~250万円程のコストで大手住宅メーカ様新築現場から入居住み戸建て住宅、マンションまで毎年多くのご注文を頂いております。

阪神防音で施工のクラッシック楽器・ピアノ用防音室一例

図面から価格まで詳細はクリックしてご覧ください

Messageお問い合わせの前に

阪神防音にご依頼いただく工事でもっとも多いクラッシック・ピアノ防音室

私共の性能保証を併せたアフターケアはどこにも負けない充実と自負しております。
これまでの数千件以上にのぼる防音工事全てで保証してまいりました。性能保証におきましても、数千件以上におよぶ防音工事全てで、もちろん測定を行い、確認して頂いてますが、決して数値だけを重視することなく、数値以外の面でもとことんご対応させて頂いております。
やはり数値で抑え付けるのではなく、デザイン、音響、防音性能全てにおいて阪神防音さんで良かったと心の底から思って頂く事が本当の保証だと思っております。
また、私共は全ての現場で自社の管理士とエンジニア(職人さん)でまかなっておりますので、防音の知識など豊富な知識を持つスタッフが対応しております。またエンジニアに全て任せきりとならないよう、管理士も各現場に配置して、お客様のご要望他、何でも密に対応できる体制を整えております。
阪神防音で防音工事の施工をおこなって頂いたお客様から多数、お喜びの声を頂戴しております。

お客様の声を見る

お問い合わせ・お見積もり

ご質問やお問い合わせはお問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ

ショールームのご案内

大阪駅前第三ビルのショールームへお越しいただき、阪神防音の 防音室性能を是非ご体感ください。

さらに詳しく